近年、ギャンブルは全般的に大きく変化してきました。映画産業やきちんとした広告、ポップカルチャーにおける肯定的な表象により、ギャンブルをめぐる認識は変わってきています。映画はコミュニティ形成とそのイメージ向上に役立ちました。ギャンブルの文化に光を当てた映画はたくさんありますが、絶対的な卓越性と筋書きで独自の名声を得たものもあります。

ロバート・デ・ニーロ——

1995年の『カジノ』は大衆好みとされてきた古典映画です。25年が経過していますが、ギャンブル好きの間では今でも人気です。主人公はロバート・デ・ニーロ演じるカジノ経営者、通称サム・エースです。個人的な揉め事やマフィアのボスたちとの紛争の中、サムは人生の方向を定め、カジノにまつわるすべてを確実に理解しておかなければいけませんでした。

『カジノ・ロワイヤル』——

007シリーズと言えば、称賛すべきものはたくさんあります。決してタイトルで失望することはありません。配役であろうと演技であろうと、映画はすべての物語をきちんと仕上げています。しかしながら、『カジノ・ロワイヤル』のジェームズ・ボンドは少し違います。スパイ映画定番の劇的な場面はありますが、カジノの専門用語がたくさん登場します。ギャンブルの専門用語があちらこちらで使われています。ジェームズ・ボンドは、ル・シッフルが犯罪帝国を支援するためにポーカーで資金調達をするのを阻止しなければいけません。映画にはいつもの要素もあります—— 美しい女性たち、高級な装置、たくさんのアクション。『カジノ・ロワイヤル』はスリル満点で、見たことを絶対後悔しません。

『シンシナティ・キッド』——

主人公はスティーブ・マックインーン演じる通称シンシナティ・キッドです。彼は、ポーカーで完璧な技を誇ることで有名な「ザ・マン」ことランシー・ハワード(エドワード・G・ロビンソン)と対決しようとしています。しかし、ゲームが進むにつれ、ゲームに対する疑念、また、勝利する前に真実を確かめたいという気持ちと葛藤することになります。現在視聴することのできる映画の中では、本作は5つ星のギャンブル映画と言えます。よい映画の条件となるすべてのドラマが詰まっており、カジノの専門用語が登場します。その中の1つ、2つを披露し、きっと自慢できるでしょう。

『オーシャンズ11——

カジノのセキュリティは最高です。侵入することが不可能な銀行並みです。しかし、3つのカジノで窃盗を計画しているダニー・オーシャンにとっては朝飯前です。演じているのはジョージ・クルーニーです。超一流の人物の計画には技能と信頼が伴います。マット・デイモンやブラッド・ピットなどの現役の大物が配役され、さらにおもしろくなっています。本作品は楽しく、スリル満点のアクションが詰まっていて、歴代のカジノ映画の中でも屈指の名作です。

結論—-

長きにわたり、映画産業はカジノに多大な貢献をしてきました。カジノ業界を肯定的に表象し、世論を形成して、親しみやすい印象を醸成することを可能にしました。